StrongLoop が提供する Express と Node.js に関する研修

StrongLoop / IBMによって提供されるこの翻訳.

本書は、英語の資料と比較すると古くなっている可能性があります。最新の更新については、英語版の資料を参照してください。

Hello World の例

ここで紹介するのは基本的に、作成できる最も単純な Express アプリケーションです。このアプリケーションは単一ファイル・アプリケーションであり、Express ジェネレーター を使用して得られるものでは ありません 。このジェネレーターは、さまざまな目的で多数の JavaScript ファイル、Jade テンプレート、サブディレクトリーを使用する完全なアプリケーション用のスキャフォールディングを作成します。

最初に、myapp という名前のディレクトリーを作成して、そのディレクトリーに移動し、npm init を実行します。次に、インストール・ガイドに従い、依存関係として express をインストールします。

myapp ディレクトリーで、app.js というファイルを作成して、以下のコードを追加します。


var express = require('express');
var app = express();

app.get('/', function (req, res) {
  res.send('Hello World!');
});

app.listen(3000, function () {
  console.log('Example app listening on port 3000!');
});

アプリケーションは、サーバーを始動して、ポート 3000 で接続を listen します。アプリケーションは、ルート URL (/) またはルート に対する要求に「Hello World!」と応答します。その他すべてのパスについては、「404 Not Found」と応答します。

req (要求) と res (応答) は、Node が提供するのとまったく同じオブジェクトであるため、Express が関与しない場合と同じように、req.pipe()req.on('data', callback) などを呼び出すことができます。

次のコマンドを使用してアプリケーションを実行します。


$ node app.js

次に、ブラウザーに http://localhost:3000/ をロードして、出力を確認します。