StrongLoop / IBMによって提供されるこの翻訳.

本書は、英語の資料と比較すると古くなっている可能性があります。最新の更新については、英語版の資料を参照してください。

Express 用のテンプレート・エンジンの開発

独自のテンプレート・エンジンを作成するには、app.engine(ext, callback) メソッドを使用します。ext はファイル拡張子を表し、callback はテンプレート・エンジン関数です。この関数は、ファイルのロケーション、options オブジェクト、およびコールバック関数の項目をパラメーターとして受け入れます。

次のコードは、.ntl ファイルをレンダリングするための極めて単純なテンプレート・エンジンを実装する例です。


var fs = require('fs'); // this engine requires the fs module
app.engine('ntl', function (filePath, options, callback) { // define the template engine
  fs.readFile(filePath, function (err, content) {
    if (err) return callback(new Error(err));
    // this is an extremely simple template engine
    var rendered = content.toString().replace('#title#', ''+ options.title +'')
    .replace('#message#', '

'+ options.message +'

'); return callback(null, rendered); }); }); app.set('views', './views'); // specify the views directory app.set('view engine', 'ntl'); // register the template engine

これで、アプリケーションは .ntl ファイルをレンダリングできるようになります。以下のコンテンツで index.ntl というファイルを views ディレクトリーに作成します。


#title#
#message#

次に、アプリケーションで次のルートを作成します。


app.get('/', function (req, res) {
  res.render('index', { title: 'Hey', message: 'Hello there!'});
});

ホーム・ページに要求すると、index.ntl ファイルは HTML としてレンダリングされます。