StrongLoop が提供する Express と Node.js に関する研修

StrongLoop / IBMによって提供されるこの翻訳.

本書は、英語の資料と比較すると古くなっている可能性があります。最新の更新については、英語版の資料を参照してください。

基本的なルーティング

ルーティング とは、アプリケーションが特定のエンドポイントに対するクライアント要求に応答する方法として、URI (またはパス) と特定の HTTP 要求メソッド (GET、POST など) を決定することです。

各ルートには、1 つ以上のハンドラー関数があり、それらはルートが一致したときに実行されます。

ルート定義では、次の構造を使用します。


app.METHOD(PATH, HANDLER)

各部分の意味は次のとおりです。

このチュートリアルでは、app という名前の express のインスタンスが作成されていて、サーバーが稼働中であることを想定しています。アプリケーションの作成と開始に慣れていない場合は、Hello World の例 を参照してください。

以下の例は、単純なルートの定義を示しています。

ホーム・ページで Hello World! と応答します。


app.get('/', function (req, res) {
  res.send('Hello World!');
});

アプリケーションのホーム・ページであるルートのルート (/) で POST 要求に応答します。


app.post('/', function (req, res) {
  res.send('Got a POST request');
});

/user ルートに対する PUT 要求に応答します。


app.put('/user', function (req, res) {
  res.send('Got a PUT request at /user');
});

/user ルートに対する DELETE 要求に応答します。


app.delete('/user', function (req, res) {
  res.send('Got a DELETE request at /user');
});

ルーティングについて詳しくは、ルーティング・ガイドを参照してください。